シャンプーに入ってはいけない成分とは?

私もそうだったんですが、適当にシャンプーを選んで使っていた時は、
思いもしなかった入ってはいけない成分。
勉強してみると、たくさんありました・・・。

 

 

しかも、自分が使っているシャンプーの裏面と見ると見事に入っている。
あなたもここで学んでしっかりと成分表が見れるようになっておきましょう!

 

評価 解説

優良な成分。入っているととっても安心な成分です。

なかなか良い成分。まだ安心できるレベル。

-

特に影響なし。

多すぎると毒成分となるので注意!

×

絶対ダメ!毒性が強いので入っていると危険です。

 

成分名 評価
ラウレス硫酸ナトリウム

×

ラウリル硫酸ナトリウム

×

ラウレス硫酸アンモニウム

×

ラウリル硫酸アンモニウム

×

ベヘントリモニウムクロリド※目印は『○○クロリド』

×

硝酸ミコナゾール

ジンクピリチオン

ジメチコン

オレフィンスルホン酸ナトリウム

パラベン

メチルパラベン

パンテノール

グリシン

ココアンホ○○○

グルタミン

ココイル○○○

ヤシ油脂肪酸

コカミドプロピルベタイン

※参考書籍:『晋遊舎ムック ヘアケア最強バイブル』

 

 

シャンプーに入っている成分は、このほかにもたくさんありますが、
まずは、これだけの種類だけで大丈夫です。
この表を元に、あなたが今使っているシャンプーの裏面を見てください。
おそらく、毒性の成分ばっかり!とビックリすることになるかと思います笑

 

 

それくらい安く買えるシャンプーは毒性の成分だらけです。
今からでも遅くはないので、本当に良いシャンプーを使ってくださいね^^